軽減税率対策補助金について

軽減税率対策補助金
A-3型モバイルPOS対象機種として認可されました。

    

この機会に補助金を活用してタブレットPOSとキャッシュレス決済端末を同時に導入しませんか?

         

軽減税率対策補助金A-3型とは?

複数税率対応した継続的なレジ機能サービスをタブレット、PC、スマートフォンを用いて利用し、
レシートプリンタを含む付属機器を組み合わせてレジとして新たに導入する場合の補助金です。

軽減税率対策補助金を受ける条件は?

【申請資格】
中小企業支援法に規定する中小企業者であること。
資本金5,000万以下、または従業員50名以下(小売業)

【申請期限】
2019年9月末までに導入を完了し支払いが完了していること。
2019年12月16日消印までに申請が完了すること。

補助金額の内容は?

以下の通りの内容で補助を受けることができます。
話題のキャッシュレス決済端末も付属機器に含まれます。
※月額利用料は補助対象額に含まれません。

内容 補助率 上限補助額
タブレット等 1/2 1システムあたり
上限が20万円まで
付属機器と対象サービス導入費

3/4

設置に要する費用 3/4 1システムあたり
上限が20万円まで

※1社あたり上限200万円

軽減税率対策補助金活用例

AdREGI導入時の費用と、軽減税率補助金を活用したときの試算例です。
ご検討の際は当社担当までご相談ください。

※ハード構成はフル構成の場合です。お客様の用途によって付属機器,システム初期費の金額は変わります。手持ちのハードを流用する場合も金額が変わります。
※この試算は1店舗1端末あたりの試算です。1店舗で複数端末、複数店舗での申請も可能ですが1事業者あたりの補助金の上限額は200万円です。
※申請は2019年9月30日までに導入および支払いが完了したものに限られます。申請期間は2019年12月16日(消印有効)までになります。
※申請は契約単位になりますので複数回導入の場合は、複数回申請が必要です。
※リースを活用して導入される場合は独立行政法人中小企業基盤整備機構が指定したリース事業者が申請者と共同で申請を行うことになります。
※金額はすべて税抜き価格で表記しております。

展示会・セミナー案内

2019.04.11

2019/6/11(火)・12(水)にマイドームおおさかにて行われる「大阪府内信用金庫合同 ビジネスマッチングフェア2019」へ、弊社の新製品「AdREGI」の出展が決定致しました!

2019.04.11

製菓業界における軽減税率対策・キャッシュレス決済対策と最新タブレットPOS「AdREGI」の活用セミナーを、5月末に東京と大阪で開催いたします!